即日融資のおかげで転職が叶いました

私は割りとお金の管理には厳しい方なのですが、そんな私でもお金を借りざるをえないという状況に陥ってしまった経験があります。
それは、まだ皆さんの記憶にも新しい、もしかしたらまだそれが続いていると感じている人もいるであろう、長らく続いた日本経済の低迷でした。
私もその煽りを見事に食ってしまった一人で、給料が据え置き、そして減給されボーナス支給もなくなった行く末は、リストラという憂き目にあってしまったのです。
まだ独り身でしたから何とかなると思えましたが、もし妻や子供がいる状況であったなら、これは絶望的に感じたことでしょう。
そうして翌日から、転職先を探すこととなりました。
独身である事から、仕事に関して選り好みをするつもりはありませんでした。
また東京で暮らしていましたが、この地にこだわるつもりもありません。
働ける場所を提供してくれるのならば、日本全国どこでも行くつもりでいました。
そして、そんなハードルを下げに下げまくった私の転職活動は、思いのほか苦戦する事となったのです。
蓄えが見る見る減っていき、離職期間に受けられる支給も無くなってしまい、これには本当に困りました。
その間、積極的に転職活動をしていたのですが、それに掛かる費用も馬鹿にはならず、更に貧乏へと拍車をかけてしまったのでした。
そんなもはや絶望的という状況下で、九州のとある企業は、私を雇う事を前向きに検討している、という返事が返ってきました。
ネットを利用して面接したのですが、こうした好感触の返事を受け喜んだのですが、ぜひ直接会って再度面接をしたいと言うのです。
ここで困ったのが、九州までの旅費でした。
向こうに行ってから支給されるというのですが、前借をお願いするずうずうしさを持ち合わせておらず、即日融資を受けられるキャッシングを、この時初めて利用しました。
それも会社の都合上、翌日しか予定を空けられないという事で、本日中に移動費用を用意する必要があり、借りる宛を探す余裕もなかったため、即日融資という方法にすがりついたのでした。

離職中ではありましたが、一応アルバイトはしていました。
それだけを望みに店頭へと足を運んだのですが、そうした事情を説明し、九州までの移動費用だけでも貸して欲しいということを告げると、何とか審査に通ることができました。
ほぼ決まりかけている仕事についてどれだけ信頼性があるかは分かりませんが、借りたいと希望する金額がほんの数万円程度だったことも、おそらく審査に通った理由なのだと思います。
仮にこの借りたお金で受けた面接に落ちたとしても、次に入ってくるアルバイト料が入ってくれば、その時点で返せる目安が会ったため、この点もプラス材料になったのだと思います。
もちろん審査に通ったとは言え、借り入れできる限度額は、その時点ではとても低く設定されていた事も、かなり甘い判断、柔軟な対応をしてくれたという印象を受けました。
そのおかげで九州に行くことができ、無事再就職を果たせた事からも、即日融資で貸し出してくれた行為に、ただただ感謝するだけです。
ちなみに、その時にお借りしたお金はすぐに返済しました。